スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2011の投稿を表示しています

壁の模様替え。

近頃の影響 BSで波板の美学とやらを観て感化される。波板の陰影を楽しむ。ガルバ波板を買って休み時間中にせっせと貼って造作をする。

近頃のまかない。

広島産カキフライのトマトライスカレー。


新鮮秋刀魚のオリーブオイルソテーバルサミコ風味トマトパスタ。


北海道産ホエイの豚バラ肉ソテー白ワイン煮込みのカレーライス。

どれもみな美味しくいただく。

おすすめ 北海道ホエーwhey豚バラのケコぺぺパスタセット1250円。

最近のデザート ミニパフェ ちょっとサツマイモに凝ってます。


韓国では、サムギョプサル焼肉の定番。牛では、カルビ。豚肉の脂身は、コレステロールを低下させるオレイン酸、ステアリン酸が含まれています。北海道ホエイ豚バラは、チーズを作るときの副産物ホエーで飼育された豚です。濃厚でコクがあり酸味のあるホールトマトとベストマッチ、味を楽しんでいただく為 4ミリの厚みにカットしています。是非お試しください。
ソフトドリンク、ミニトースト、ミニパフェセットで1250円。

今日は、年末に向けての店掃除、手を抜いて早々と終える。

季節限定広島牡蠣のおすすめパスタセット1250円。

パスタ一品とソフトドリンク、ミニトースト、ミニパフェのデザートのセットで1250円
今回、トマトスープパスタとクリームスープパスタと生クリーム醤油の三種類をセットにしてみました。是非御賞味ください。

 近日中に 提供予定のセットメニュ 北海道ホエイ豚のバラケコ、バラぺぺ、バラ醤油のセット1250円もヨロシク。

いやほんと いかった。

今日は、定休。ふらりと鳥取へドライブする。砂丘に寄り海を眺め堪能し そして 昼食に海鮮丼を食べる。満足。
 市内人気のケーキ屋さんに向かう。やっぱり 美味しい。良き休日を過ごす。
patisserie & cafe drop (パティスリー アンド カフェ ドロップ)


鯛喜 (たいき)


床、窓枠のペイント終了。

海老トマッティ。



 10月はじめの定休日より毎週 床磨きをし そしてオイルステン、ニスと作業を始めやっと先週窓枠をペイント終了する。疲れきる。年末に向け また掃除を、、、、、やるか。ふむ。

半信半疑。

米国精神科医ワイスさん 「前世療法」読書中。理屈としてなかなか論理的に書かれている様に思う。もしも何度も転生を繰り返していると仮定すれば、死という恐怖に対して幾分和らいだ心もちになれるのかもと、、、。初期のキリスト教やユダヤ教にも鎌倉仏教以降、同様に輪廻転生思想があったとのこと。原始仏教での輪廻転生について御釈迦さんは、何も言っていない。死後の世界は、何も語ってはいない。深読みすれば肉体という生身での解脱のみを解いたのか、死後の転生の繰り返しを知っていて、、、。とややこしい事をあれこれと考えながら読み終える。

読書の秋、想像を楽しむ。

この歳になって、想像力の世界に浸る。読書は、正に想像力の源泉。ワクワクとドキドキが入り混じる。小さな頃は、大嫌いな読書が、、、。今は、我が友であり、一服の清涼剤でもある。映画を観てる様でもありドキュメントであり、ドラマそのもの。漫画本、歴史書、恋愛小説どんなものでも楽しめる。絵画、写真もまた然り。難しく言うと形而上の世界、くだけて言うと たんなる妄想の世界。自分が頭の中で作る夢幻の世界かも、、、と。五木さんや村上さんにしてやられてる。ふむ。

 最近の関心は、フィンランドに関するものに興味津々、休みが取れれば是非スオミに旅してみたいものだ。

神保町へ。

好きなマルケを、、、、、。

 9月5.6.7と休みを取り東京へ出向く。神保町で古本屋をうろうろ。そして上野へ、本命の「空海と密教美術」展は、チケット購入待ちの行列にがっくりと入館を残念する。気を取り直し、国立西洋美術館 松方コレクション常設のロダン、セザンヌ、モネ、クールベ、ルノワール、ゴーギャンとフランスの巨匠たちの作品を鑑賞する。

台場の夜景を楽しむ。期間限定のアップルタルトがコーヒーによく合う。また、行こ。ふむ。




浅草のアンミツ寒天の味と小豆は、good。

カマキリが、、、、、。

カマキリが、無花果の葉の上でスズメバチを捕捉し頭からバリバリ食べている。

バジル。

やっと朝取りの生バジルを使いジェノバソースを作れる様になる。無花果とミントは、デザートにと思いつつ実が熟す端から、、、、、、。ほんと美味しい。



百田さん 永遠の0を読み終えて。

辛く切ない時代の話。フィクションなのに、ひょっとしてこれは、ほんとの話では、、、、という思いがしてならない。亡き父が予科練に行ってたので余計に思い入れがあった様に思う。特攻についての考察は、とてもわかり易く書かれていたと思います。日露戦争より、国民に開戦を煽った新聞社、軍部のこと、、、、。昭和の軍の暴走、、、。と とても素晴らしい作品にでした。爺になったせいか 後半は、涙をこらえながら読んでいった様な、、、、。

初取り。無花果は、何度も失敗しながらの8年目にしてやっと育った。早速朝一で食す。いと美味し。good。

インドは、、、、。

インドの原始仏教がバラモン教に危機感を抱かせ ヒンドゥー教が起こったのと同様に 一神教であったものが、多神教を良しとした背景は、仏教が日本に入って在来のアニミズム的思考や神との習合による日本独自の仏教哲学を生むいきさつと とても似通っている様に思える。文化、宗教、哲学、は、混ざり、混沌よりよりよきものが生まれ出るらしい。と、、、あやこしいものを読みながら今日一日を終える。

 廃材で バジル専用木枠プランタンを作り終える。つかれたーーーー。



休み。

朝からのんびりまったりするつもり。今、丹波さんの霊界ものを乱読中。懇切丁寧に書いておられる。ほんに解かりよい。

休みは、、、、、、、。

休みは、買出しをし店で五徳の掃除を終えてやっと昼食、久々のトマトにホワイトをかけたピッツアとほうれん草とアサリのボンゴレ それに残ったスープでリゾットを作る。合間にパスタの隠し味でんばー専用ジェノバソースも作る。それからデザートにパンの耳でマニャガハチョコバナナ。ちょっと贅沢にも食べ疲れる。午後は、古文書の勉強と昼寝。



はじめる。

15年近くやってなかった瞑想を再開する。なかなか20分は、大変、慣れるまで時間がかかりそう。


この曲を聴くと心が落ち着く。

ここ暫く。

震災の報道を見る度に心が痛む。先週、僅かな義援金をする。子供を探しまわる親御の姿は、見るにしのびなく悲しみがこみあげる。とてつもなく辛く重苦しくやるせない。

古代出雲王国について

島根県に位置する出雲 その歴史は、神代の時代よりあるとされる。一説によると黒龍江あたりのツングース族の勇敢な人たちが紀元前1800年から1000年に日本に渡ったとされる。言葉もウラル.アルタイ語族で日本語の構造ととてもよく似ているらしい。この集団が砂鉄による製鉄技術を伝え出雲王国の建国の楚となった。ジブリのもののけ姫と言う物語そのものでもある。出雲風土記にある天孫民族による占領が国譲りであり大国主命という現人神が殺されたと言うことでもある。そして大国主命が今日の出雲大社のご神体となる。天孫族が祭神大主命の代行者として出雲の占領政治を正当化する。今の出雲大社の宮司家で国造家である千家氏と北島氏の家系それである。形而上の世界では、未だ出雲王国は、生き続け中央政府に対して占領され続けているという思いは続いている。まことにあやこしい話。

最近のおやつ。

カスタードを作り、そしておやつにホットケーキとフレンチトースト。最後に超おすすめ、らくだをくすぐってる映像。




らくだをくすぐる。

影法師

とても分かりやすい時代小説でした。江戸時代の太平の世における武士の暮らしぶり、階級や身分、扶持、家名、すべての背景のうえに成り立つ事情、定めが上手く書かれていたと思います。余韻に浸ることの出来る素晴らしい作品でした。ワクワクしました。風の中のマリアもなかなかのものでした、、、、。早く永遠の0をを手にしたいものです。暫くは、百田さんにはまりそう。ふむ。













 相対に世の無常を考えてみる。今生に生きているものの側からは、とても切なくて、息苦しくおもうものかと、、、、、、、、。


FMアンテナの取り付け終了。

念願のFMアンテナを取り付ける。これで休憩も更に充実すればよいが、、、。












これは、鳥のから揚げ?ジャない。これは、ドーナッツの沖縄風おやつだ。てか。これとエプレッソがまたよく似合う。ふむ。

















暇さえあれば、ラフランスのコンポートを作ってる。この時期アイスには、かかせなーーーい。



若かりし頃よく観ていたドラマ

リンゴのコンポート。

デザートのアイテムに毎度作っています。これをあんにしてトーストに挟んで食べると格別美味い。ふむ。
最近、朝の準備には、ラジオビタミンを聴き、そしてFMも聴きく。近々、注文しておいたFMアンテナが届く予定だ。早く取り付けて受信チャンネルを増やした~い。ワクワク。ちなみに日曜日の福山マサ子ちゃんは、しっかり聴いておりま~す。


昔好きだった歌。

雪。

日曜日の夜。GEのデジカメで試し撮り。


冬の海

冬の海は、とてもいい。気分転換にでかける。そしてcafeで熱い珈琲をのみ、ゆっくりと。


司馬遼太郎の功名が辻を読み終える。

「良妻賢母」の千代を嫌味なく面白く、そして優しく描いた作品でした。ほんと賢き女性。こんな嫁だと旦那さんは、どんな男でも頑張り通すような感じがする。一豊が手のひらで踊らされている様は、うれしい様な悲しいような。千代に子供でもいてたらどれほとに上手く育てられたことかと、、、、。